色 ― 万国共通「あるある」な色は何色? - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色 ― 万国共通「あるある」な色は何色?

アメリカの文化人類学者ブレント・バーリンと言語学者ポール・ケイによって発表された報告によれば、さまざまな言語圏において共通する2個から11個の基本色彩語が存在する。(wikipedia「色」より)。白、黒、赤、青、黄、緑、灰、茶、ピンク、オレンジ、紫(以下、この色を総称して基本色と呼ぶ)、これが世界的に共通する基本色といわれる。
日本での基本色といえば、子供のころから身近にある12色入りのクレヨンを連想されるのではないか。メーカーにより色構成はやや異なるが、先にあげた基本色に加え、ペールオレンジ(肌色ともいう)、水色、黄緑色を加えたものが基本色とよばれている。
中国での基本色といえばどのようなものがあるのかと中国人の友人に聞いたところ、でてきた色もやはり基本色。
どの外国語を学ぶ上でも、基本色の色名は最低限覚えておくべきであろう。

edit_16.png  基本色  ------------------------------------------------------------------------------
※日本語と異なるのは、赤、青、ピンクのみ覚えやすいですね。

白色、黒色、红色、蓝色、黄色、緑色、灰色、茶色、粉(红)色、橙色、紫色
------------------------------------------------------------------------------------------------


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/81-67b6a75b

まとめtyaiました【色 ― 万国共通「あるある」な色は何色?】

アメリカの文化人類学者ブレント・バーリンと言語学者ポール・ケイによって発表された報告によれば、さまざまな言語圏において共通する2個から11個の基本色彩語が存在する。(wikipedia...

2012-05-05 20:03 | from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。