環境レポート「温室効果ガスに影響を与える凍土の融解」 その2 - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境レポート「温室効果ガスに影響を与える凍土の融解」 その2

みなさん、大家好!
2012年4月から開始した中国語学習のための「本日中文新聞」。
 
今回は、環境レポート「温室効果ガスに影響を与える凍土の融解」という中文記事の参考訳と、
この文章中ででてきた化学用語についていくつか紹介いたします。
 
化学関連用語
 
その1.物質の状態変化に関する単語----------------------------------------
气体:気体(cf.固体,液体)
:解凍する(⇔冻结
融化:融解する⇔凝固(cf.气化,液化,升华,凝结)
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
その2.身近にありそうな化学用語について----------------------------------
★は本文中にてできた単語です。
一氧化碳                   一酸化炭素                 
★二氧化碳                二酸化炭素                 
氢,氢气                    水素                       
炭素                      碳
窒素                           氮,氮气
酸素                        氧,氧气
                           亜鉛                       
                           カルシウム                 
铁                           鉄                         
铜                           銅                         
                           アルミ            
,氯气                     塩素                       
,沼气               メタン            
硫酸                        硫酸                       
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
(参考訳)
この凍土の中の微生物にたいする最新研究は氷が解けたらどのような反応をするかという調査を行った。
凍土が溶けると気候に変化を及ぼす。世界はだんだんと温暖化するにつれ、永久凍土の世界に封じられた世界は将来生気を取り戻すであろう。研究者らは凍土の名中の微生物が生み出すであろう大量の温室効果ガスが世界中をさらに温暖化を推し進めるのではないかと心配している。
アメリカの地質調査局の科学者はアラスカ州ヘス渓流の永久凍土より土壌見本を収集した。カリフォルニア州のローレンスバークレー国家実験室の上級科学研究院のジャネットヤンセンは次のように述べている。
「永久凍土はまさに今溶けている。ただし、このような状況を目にしても誰も微生物がどのような変化を発生させるかきにも留めない」彼女の上司のある研究はこう記録している。アラスカの永久凍土が1200年来初めて融解している全てについて。ヤンセンはこう言っている。「われわれが今目にしているものは今までみたことがないものである。」
 彼女とその同僚らは共に凍土と溶けた永久凍土の微生物の遺伝材料を配列している。このような手段を通じて、彼らは、彼らは、一種の科学者的ないい方をすると「全新類の微生物」を発見することができる。またその遺伝遺伝子の青写真をえられ塩基配列も測ることができる。永久凍土はその名と同様、ここの土壌は既に数千年来ひいては数十万年氷で閉ざされており、その中には死滅した植物、その他永久凍土の形成時存在した生命物で満たされている。絶えず地球全体の絶え間ない温暖化はこの表土の中の有機物を融解させ、微生物は有機質に分解介しされる。この過程の中で、多量の炭素を含む温暖化ガスを放出することになるであろう。科学者はとりわけこの過程の中で多量にメタンガスが大気中に放出され、この物質には炭素も含まれる、つまりは、簡単に全地球を温暖化におしすすめる道具となりうるということである。例えば、統計によると北極の永久凍土の中には温室効果ガスが含まれており、それは、2009年のアメリカの温室効果ガスの排出量の250倍を超えているという。
 微生物が温暖化にどれだけの影響を及ぼすか統計をとるために、研究員らは、アラスカ州ヘス渓流の永久凍土と永久凍土の上層(夏季にはそれは融解し「活性層」とよばれている)を利用している。彼らは、この2つのサンプルのもつDNAを配列する。この方法はメタゲノム解析とよばれている。このようなサンプルは華氏41度(摂氏5℃)の環境で保存され、融解させる。2日、7日後とわけて再びこのサンプルの中の遺伝物質の測定を実施する。また、彼らはサンプルが放った気体の濃度も同様に計測している。2日後の方は、メタンガスの数値が以上に増加しており、7日後の方は完全に消失しているわけではないが、その濃度が著しく減少していることを発見した。メタンとは異なりこのサンプルが放っている二酸化炭素は依然として増加の一途をたどっていた。
 研究員らは遺伝証拠を利用すれば、異なる凍土と活性層の細菌群の状況はみてとれる。さらに、それらは時間に応じて発生させているものが変化している。彼らは全ての研究の中で、代表的にメタンガスを発生させる細菌のDNAを発見した。ただし、サンプルの中で発生した遺伝情報はメタンガスが減少させることを証明するにすぎなかった。
2日後、メタンを食う細菌の数が増加開始し、7日後にいたると子の状況は依然存在していた。ヤンセンは次のように示している。「永久凍土の融解範囲がさらに大きくなった時、メタンを食う細菌はメタンを発生させる細菌の増殖を相殺する可能性がある。「しかし、これは完全に融解する時期の特定環境によりきまる」が、融解速度と土壌内の有機物数量等の因子はみなそれに影響を与える。」現在、科学者はこの数値を通じてだけではまだどのようにすれば二酸化炭素を取り除けるかわかっていない。
まず、凍った状態時に、2つのサンプルの中にある微生物群は全く異なる、いくら彼らが3メートルほどの距離の地層からサンプルを収集しても、将来の1週程の時間において、2つのサンプルの中の微生物群の変化はますます近くになり、みな活性層の中の微生物とほぼ同等になってしまう。ヤンセンはこう示している。「われわれはどのような状況になるかわからないが、この種の変化はますます早まっている。大量のDNAを配列後、研究員らは、メタンを生み出す細菌に集中し、その遺伝子の青写真を描くかなければならない。この生物体は以前培養してでてきたものとも文献で描かれた生物体ともことなるため。」
 その数値は非常に多量であり、研究員はサンプルの中より発見した約2%のDNA配列はみなこの生物体に属していると発見した。当該生物がメタンガスを生み出す過程の中で需要な作用を生み出すおそれがあるからだ。現在、微生物にはまだ名称がつけられていないが、耐寒細菌の部類に属している。ヤンセンはこう言っている。「われわれが発見したその中の一つの生物体と現在既に知られている其の屋の放射物もしくは乾燥に抵抗力をもった細菌とは関係が深い。この発見はわれわれに研究の糸口を与えており、これらの微生物がいかにして氷点下2度の劣悪環境の中1,000年も生き残っているかを理解することに寄与している。」生存するために、これらの微生物はまだ融解していない海水等の環境を選択し身を隠してきたのだと。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/50-f8142770

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。