中国で今熱い話題の携帯「小米携帯」、次世代機種のスペックを研究! - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で今熱い話題の携帯「小米携帯」、次世代機種のスペックを研究!

昨日の微博ニュースでとりあげた話題のひとつにあった中国で今人気を博しているこ小米携帯。その次世代機種「小米携帯2」が今年の10月に発売予定であることが発表されました。本日は、これについて少々ふかぼってみます。

小米携帯とは?
まるで、外観はiphone。この件については、小米側もアップルをリスペクトする姿勢を表明しているといった内容も新浪微博上のニュースでも最近ながれていましたが…
スマホといえば、中国でもiphoneが人気であるが、やはりここ1年で最も注目を集めているのは、国内メーカー小米携帯である。昨年10月に発売されてから、出荷待ち状態が続く大ヒットを記録。先日、その2代目となる「小米2」が、本年10月に正式発売されると発表された。今回は、前世代のデュアルコアからクアッドコアに格上げするも価格(1,999元)は据え置きされる点 がやはりセールスポイントでしょう。

     phone2.jpg 

◇小米携帯/ SAMSUNG I9300/iphone4スペック比較
 今中国で人気があるiphone4に加え、
SAMSUNG I9300でスペック比較をしてみた。
 SAMSUNG I9300(3,990 ~4,900元)、iphone4(3,159 ~5,681元) 
 小米2は、この2機種の価格帯と比べるとハイスペックな上、
 1000元以上下回る価格帯の1,900元。
 phone3.jpg 
 ※スペック及び価格は、ZOL报价調べ

ここも特徴!外部アプリをデフォルト搭載
低価格・ハイスペックに加え、SNS、インスタントメッセンジャー、その他
アプリはほぼ中国国内オンラインサービスがデフォルトでカバー
 例>
  SNS/人人网,开心网,微博等
  インスタントメッセンジャー/QQ,MSN,飞信
  地図/google map,baidu map
  その他アプリ/机锋市场,优酷,乐淘,凡客诚品,读书,金山快盘,google
  その他サービス/米聊,云服务


安さのわけ、ユーザー参加型のビジネスモデル
インターネット主体のビジネスモデル
 ・フォーラムを設け、ユーザー参加型の開発(ニーズ調査からテスティングの一部)
 ・販売もインターネットによるオーダーメイド式を採用
 ・ユーザー参加型式の開発方式を取り入れることで、当該商品開発
  フォーラムや微博などのSNSを通じた口コミ効果で
  爆発的な速さで認知度獲得
           ↓ ↓ ↓
  開発、販売、販促にかかるコストダウン
  ※小米開発フォーラム:http://www.miui.com/  小米販売サイト:http://xiaomi.com
  参考:日経BP
 
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/448-e9c40a0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。