3分間微博講座vol.4|どこの会社の微博をつかったらいいの? - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3分間微博講座vol.4|どこの会社の微博をつかったらいいの?

微博といっても中国国内でも同様なサービスを展開している会社は複数あります。有名どころをあげると…新浪、騰訊、捜狐、網易です。

現在のアクセス数・利用状況などからみるとほぼ中国国内大手2社の新浪微博及び騰訊微博に絞られるのではないでしょうか。

両者のユーザー特徴やインターフェースの違いなど詳しくは以下で簡単に紹介していきます。
 
ユーザー特性の違い(DCCI調査)
  新浪微博:主にビジネスマン
  騰訊微博:主に学生、若者

 騰訊が運営するQQというSkype・MSNのようなインスタント
 メッセンジャーサービスを利用する若者ユーザーは、やはり
 騰訊微博を利用しているのでしょうか。

投稿用インターフェース等の違い
 基本的に両者とも大きな違いはありませんが、外国人にとってありがたいのは、
騰訊微博には英語版があるということ。

 (新浪微博)
 top.png
 (騰訊微博)
  top2.png 
 
 新浪微博は、騰訊微博と比較して
  ・分析機能の豊富であり
  ・投稿用インターフェースの上に当日話題のニュースが表示されるなど、
   ニュースソースをみつけやすい機能が多々ある
 等拡張機能が多い。
 また、他のどの微博と比較してもユーザーの滞在時間が長いのも特徴です。
 ただし、2012年6月よりうわさなどの問題投稿を禁止とした言論統制管理が
 厳しくなっており、乗り換えをする著名人もいたりします。

 中国人の友人がいる方であればQQアカウントを持っている方も多いかと
 思います。
騰訊微博はQQアカウントから微博アカウント作成ができますので、
 興味がある方はトライしてみては。

参考データ
 以下は、ロンドンオリンピック時(7月28日-8月12日)におけるPCユーザー
 の各微博アクセス数及び滞在時間比較調査結果です。

     アクセス数   滞在時間シェア 
 新浪   3.1億人      70.6%
 騰訊   2.0億人      13.1%
 捜狐   1.2億人      14.2%
 網易   0.4億人       2%
 引用:新浪科技



専門家ではないですが、こんな機能を知りたい等のご要望があればメールもしくはコメント欄でお寄せください♪

            メールフォーム
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/422-b568638e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。