チャイ語リンピック番外編|日中五輪メダル獲物帖、両国の「とる」という字に込められた思いとは - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイ語リンピック番外編|日中五輪メダル獲物帖、両国の「とる」という字に込められた思いとは

ようやく日本にも金メダルがやってきました。
女子柔道57 K級の松本薫さん、おめでとうございます。

さて、ここからは、日中におけるここ数日で報道されたメダル獲得ニュースを比較しながら、中国語で一歩進んだ文章表現を身につけてみましょう。

まずは日本のメダル報道から。
日本でメダルを「とった」ニュースの大半は、メダルを「獲得する」と描かれています。
他には、メダルを手にする、メダルをとる・・・等。

そもそも日本語の「獲得」という字はどんな意味があるのでしょうか?

獲得」とは、
(努力や苦心の末に)手に入れること。自分のものにすること。(三省堂大辞林)
ただの「とる」ではなく、「努力や苦心の末に」という意味が含まれた言葉を使っているのですね。

さて、お隣中国でもメダルラッシュなのですが、どのような表現がなされているのでしょうか。新浪微博上でアップされた記事を少しのぞいてみましょう。


銀メダル編
日本語の「獲得」を中国語表記し、意味がほぼ同様の動詞「获得 huòdé」が使用されています。

以下例文で確認してみましょう。

◇男子重量挙げ56K級「获得银牌」 @新华视点
2012年7月29日,吴景彪错失金牌后沮丧。当日,在2012年伦敦奥运会举重男子56公斤级比赛中,中国选手吴景彪以289公斤的总成绩获得银牌
訳:2012年7月29日、呉景彪が金メダルを逃した後、悔しさを浮かべていた。当日、2012年ロンドン五輪重量挙げ男子56キロ級において、中国選手呉景彪がトータル289Kで銀メダルを獲得した。

◇男子200Mクロール「获得亚军」 @财经网
在男子200米自由泳中,中国的孙杨和韩国朴泰桓并列获得亚军,冠军被法国人阿格内尔获得。
訳:男子200Mクロ―ルにおいて、中国の孫楊と韓国の朴泰桓がそろって準優勝。優勝はフランスのヤニク・アニェルの手に。

金メダル編
「获得」も使われている例もみられていますが、主に、さらに「勝ちとる」という意味を含んだ「赢得 yíngdé」や「夺得 duódé」という動詞が使われています。文中では「赢得金牌・夺得金牌・夺金」と表現されています。

日本では、メダルの色にかかわらず「獲得」という表現を使っているのに対し、中国では、やはり、「金」は特別であるのだという主張が強くみられますね。No.1意識が強い中国のお国柄が表れている表現なのではないかと個人的に思います。


また、金メダルという表現を使うのではなく、優勝の意味をもつ「冠军 guànjūn」とともに表現した「優勝を勝ち取る」という意味の「夺冠 duóguān ・夺得冠军」が使用されている例も多くみうけられました。



以下例文で確認してみましょう。

◇飛び込み女子シンクロ3m板「获得冠军
吴敏霞/何姿 轻松获得女子跳水双人三米板冠军。
訳:呉敏霞と何姿は、飛び込み女子シンクロ3m板において、楽々優勝を勝ち取った。

◇男子体操団体「赢得金牌・夺得金牌」 @新浪体育
伦敦奥运会体操男团决赛,由陈一冰、邹凯、冯喆、张成龙、郭伟阳组成的中国体操男团在决赛中发挥完美,赢得了这一枚分量十足的奥运金牌,成功卫冕。这是中国奥运代表团在伦敦奥运会上夺得的第9
※成功卫冕 [chénggōngwèimiǎn] タイトルを守ることに成功した
訳:ロンドン五輪体操男子団体決勝で、陈一冰、邹凯、冯喆、张成龙、郭伟阳で構成された中国男子団体が決勝戦で完璧な演技を披露し、この1枚だが重み十分な金メダルを獲得し、タイトルを防衛した。これは、ロンドン五輪における中国オリンピック代表団の9枚目となる金メダルとなった。

◇女子58K級重量挙げ「夺冠」 @新浪体育
伦敦奥运举重女子58公斤级决赛,中国选手李雪英以246公斤的总成绩夺冠,同时打破了抓举和总成绩两项奥运会纪录,助中国实现该项目奥运三连冠。
訳:ロンドン五輪重量挙げ女子58級決勝で、中国選手李雪英が246Kの総成績で優勝した。同時に、スナッチとトータルの2つでオリンピック記録を破り、中国の当該種目オリンピック三連覇実現に貢献した。

◇女子48K級重量挙げ「夺金」 @新浪体育
伦敦奥运会女子举重48公斤,王明娟夺金,这是中国代表团的第二枚金牌!
訳:ロンドン五輪女子重量挙げ48K級で、王明娟が金を獲得。これは中国代表団の2枚目となる金メダルとなった。



さて、ここからは補足です。
入賞編
銅メダル以下はどのように表現されているのでしょうか。
日本では、「○位入賞とか、○位につける」などと表現されていますが、
3位以下はどのように表現されるのかもついでも見てみましょう。
やはりここでも主に使われている動詞は「获得」のようです。

以下例文で確認してみましょう。

◇男子62K級重量挙げ「获得第四名」@新华视点 
7月30日,张杰在挺举最后一次试举失利。当日,在2012年伦敦奥运会举重男子62公斤级比赛中,中国选手张杰以314公斤的总成绩获得第四名。
※失利 [shīlì] 破れる
訳:7月30日、張杰は、ジャークの最後のトライアルで敗れた。当日、2012年ロンドン五輪の重量挙げ男子62k級において、中国選手張杰はトータル314Kの成績で4位入賞を果たした。


◇男子10Mエアライフル 「位列第四名」 @新浪体育 
伦敦奥运会男子十米气步枪决赛,中国选手王涛位列第四名
訳:ロンドン五輪男子10Mエアライフルの決勝で、中国選手王涛が4位につけた。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/377-f4b9bc25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。