聴中文新聞:J・キャメロン監督『深海への挑戦』プロジェクト(120328) - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聴中文新聞:J・キャメロン監督『深海への挑戦』プロジェクト(120328)

◇本日の音声はこちらからダウンロード
  出典元:CNTV English 中国网络电视台


本文

 卡梅伦探世界最深海沟 为《阿凡达》续集找灵感
 kǎméilúntànshìjièzuìshēnhǎigōu wèi《āfándá》xùjízhǎolínggǎn 

 电影《铁达尼号(=泰坦尼克号)》和《阿凡达》的导演卡梅伦
 diànyǐng《tiědáníhào(=tàitǎnníkèhào)》hé《āfándá》dedǎoyǎnkǎméilún 

 驾驶特制潜水艇,成功潜入西太平洋有世界最深处之称的
 jiàshǐtèzhìqiánshuǐtǐng,chénggōngqiánrùxītàipíngyángyǒushìjièzuìshēnchùzhīchēngde 

 马里亚纳海沟。在这项名为“深海挑战”的行动中,
 mǎlǐyànàhǎigōu。zàizhèxiàngmíngwèi“shēnhǎitiǎozhàn”dexíngdòngzhōng, 

 卡梅伦乘坐一艘单人潜艇,用了大约两小时的时间
 kǎméilúnchéngzuòyīsōudānrénqiántǐng,yòngledàyuēliǎngxiǎoshídeshíjiān 

 抵达深度近11公里的海底。
 dǐdáshēndùjìn11gōnglǐdehǎidǐ。 

 酷爱探险的卡梅伦使用随潜水艇携带的灯光设备与
 kùàitànxiǎndekǎméilúnshǐyòngsuíqiánshuǐtǐngxiédàidedēngguāngshèbèiyǔ 

 高清3D摄像机,拍摄下自己的潜水过程,
 gāoqīng3Dshèxiàngjī,pāishèxiàzìjǐdeqiánshuǐguòchéng, 

 制作名为《深海挑战》的3D纪录片,
 zhìzuòmíngwèi《shēnhǎitiǎozhàn》de3Djìlùpiàn, 

 同时也为拍摄《阿凡达》续集寻求灵感。
 tóngshíyěwèipāishè《āfándá》xùjíxúnqiúlínggǎn。 

 卡梅伦下潜至马里亚纳海沟是人类第二次尝试探最深海底,
 kǎméilúnxiàqiánzhìmǎlǐyànàhǎigōushìrénlèidìèrcìchángshìtànzuìshēnhǎidǐ, 

 第一次是1960年由美国海军中校沃尔什和瑞士海洋摄影家
 dìyīcìshì1960niányóuměiguóhǎijūnzhōngxiàowòěrshénhéruìshìhǎiyángshèyǐngjiā

 皮卡德完成的。但当时由于海底压力太大,他们两人在海沟
 píkǎdéwánchéngde。dàndàngshíyóuyúhǎidǐyālìtàidà,tāmenliǎngrénzàihǎigōu 

 只停留了20分钟,
 zhǐtíngliúle20fēnzhōng, 

 而且由于着陆时激起的泥沙而没有拍摄到清晰的海沟景色。

 érqiěyóuyúzhuólùshíjīqǐdeníshāérméiyǒupāishèdàoqīngxīdehǎigōujǐngsè。


単語
 泰坦尼克号 [tàitǎnníkèhào] 『タイタニック』
 阿凡达 [āfándá] 『アバター』
 卡梅伦 [kǎméilún] James Cameron
 马里亚纳海沟 [mǎlǐyànàhǎigōu] マリアナ海溝
 电影 [diànyǐng] 映画
 导演 [dǎoyǎn] 監督
 高清 [gāoqīng] HD
 摄像机 [shèxiàngjī] カメラ
 灯光 [dēngguāng] ライティング
 拍摄 [pāishè] 撮影
 续集 [xùjí] 続編
 纪录片 [jìlùpiàn] ドキュメンタリー
 摄影家 [shèyǐngjiā] カメラマン
 ジェームス・キャメロン監督の『深海への挑戦』プロジェクト

意訳
映画『タイタニック』、『アバター』のジェームス・キャメロン監督は、特別潜水艇を操縦して、西太平洋にある世界最深と称されるマリアナ海溝の潜水に成功した。
「深海への挑戦」というプロジェクトにて、一人乗り用潜水艇にのり、2時間ほどかけ深度11キロの海底に到達した。探検を愛してやまないジェームス・キャメロン監督は、潜水艇にライティング設備と3Dカメラを設置し、自身が潜水する過程を撮影し、『深海への挑戦』という3Dドキュメンタリー映画を製作すると同時に、『アバター』続編を撮影するためのヒント捜しを行った。
ジェームス・キャメロン監督は、人類で第2番目のマリアナ海溝に潜り、最深海底を探索した人物となった。1度目は1960年にアメリカの海軍中佐ドン・ウォルシュ大尉とスイスの海洋カメラマンジャック・ピカールが成功させている。しかし、当時は海底の気圧が大きすぎたため、2人が海底にとどまった時間はわずか20分ほどであり、また、海底に到着した際巻き上がった泥で視界がほとんど利かなくなり鮮明な海底の景色を撮影するに至らなかった。



◇日本での関連報道(ロイター)をみるにはこちら
 (こちらをクリックしてください)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/348-eed08478

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。