舌尖上的中国2-主食の物語 ⑪寧波水磨年糕(正月もち) - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌尖上的中国2-主食の物語 ⑪寧波水磨年糕(正月もち)

    広大な大地、中国。北から南まで、様々な気候や地形の特色により、地域毎に特徴ある麺やまんじゅうなど様々な主が生まれている。第2話ではそんな主の物語をお送りする。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  2.主の物語 - 第十一部
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   
  動画は、youtubeにアップされたものをリンクしてますが、リンク切れの際はご了承ください。
  今回は当動画の
36分21秒~43分05秒までの記事となります。


■本日の舞台■  

浙江省寧波市井頭村

  舌尖上的中国  舌尖上的中国  

     ◇地域情報をみる(日文)
     ◇地域情報と写真を
みる(中文)


■本日の :年糕(niangao)/もち   

年糕(niangao)は、収入増や昇進、子供の成長を表す「年高(niangao)」と同音であることより昔からお供えとして春節時期に利用されてきた。
全国各地様々な習慣ごとに餅の種類も様々。
北方地域は、「白糕」、万里の長城以北の農村地帯の「黄米糕(きびもち)」、長江以南の「水磨年糕」等、餅にも南北の文化の違いより、北の味は甘く、調理法は蒸す、揚げるの2種、南の味は甘いのもあればしょっぱいのもあり、調理法は北の2種に加えて、炒める、煮る調理法がある。

     ◇詳しく
よむ(中文)

水磨年糕
舌尖上的中国 舌尖上的中国 
舌尖上的中国 舌尖上的中国 
寧波の「水磨年糕」という餅は、今年生産されたうるち米を水にうるかし、臼で挽いて、蒸して、つく。餅をついた後、まな板の上で力をいれてこね長方形に形を整え、模様を型押しし、点状の赤色を載せてできあがる。

寧波の昔の家庭では、新年を迎える前、50K程度の餅をつくり、旧暦12月から翌年を迎える頃まで食べられるように水の中に保存していたという。
     
     ◇詳しく
よむ(中文)


汤年糕/雑煮
        舌尖上的中国
野良仕事に出る時、寧波人は手軽な餅をご飯にする。餅は野菜とあわせるとお腹を満たせる主食にもなれば、うまいおかずにもなる。


梭子蟹炒年糕/わたり蟹と餅の炒め物
      舌尖上的中国 
わたり蟹はこのあっさりとした味わいの餅を全く別物にかえてしまう。



艾草年糕
 舌尖上的中国 舌尖上的中国 
2人は昔ながらのやり方を踏襲してヨモギ餅をつく。春とりおいたヨモギを蒸し上げたばかりの餅の中に混ぜ、ついてはひっくり返し、青々としたヨモギのしぼり汁と米を混ぜ合わせ、ヨモギ餅をついていく。

出来上ったばかりのほんのりとあたたかい餅に、金色の松花粉をふりかけるとヨモギのほのかだがとてもいい香りが漂ってくる。


 ◇餅つきはご近所総出の新年を祝う年中行事
 舌尖上的中国 舌尖上的中国 
 もちつきは、新年を祝う盛大な伝統行事であり、
 新年が近づくととなり近所同士助け合い餅づくりを行う。
 小さく丸めてつくられる団子状の餅は一家団欒の意味が込められている。


 ◇願一家の新年のつかの間の団欒
        舌尖上的中国 
 ここに嫁いで半世紀となる願おばさんには、4人の子供と、その孫たち
 がいる。歳末近くになると、子供たちは孫をひきつれて皆が寧波から
 村へと戻ってくる。

 願おばさんが孫と一緒に餅づくりをしたり、四世代の家族が今日の日
 のようにともに過ごせるもの一年に二、三度あるかないか。

 このようなとても賑やかな食卓には子供たちが好きな餅はなくてはなら
 ないものとなる。
新年の休みが終わる頃みな餅を手に寧波へ戻っていく。



■ 食に関するKEYWORD ■ 

食関連の単語 
  年糕 [niángāo] 餅
  脚板年糕 [jiǎobǎnniángāo] 調味料を何も加えない白い長方形の餅
  粳米 [jīngmǐ] うるち米
  松花粉 [sōnghuāfěn] 松の花粉
  艾草 [àicǎo] ヨモギ
  梭子蟹 [suōzǐxiè] わたり蟹
  菜肴 [càiyáo] おかず
  混入 [hùnrù] 混ぜ入れる
  浸泡 [jìnpào] 水につける
  磨 [mó] 臼でひく
  蒸 [zhēng] 蒸す
  搡捣 [sǎngdǎo] 力をこめて押す、ぐっと押す
  使劲 [shǐjìn] 力をいれて
  揉压 [róuyā] こねる
  储藏 [chǔcáng] 保存する
  清淡 [qīngdàn] あっさりした
  打年糕 [dǎniángāo] 餅をつく
  做团圆 [zuòtuányuán] 
    一家団欒の象徴としてまるや小さくちぎった団子状の餅をつくる

  蒸汽腾腾 [zhēngqìtēngtēng] 蒸気が立ちのぼる

その他の単語 
  曾祖外婆 [zēngzǔwàipó] 母方の曾祖母
  腊月 [làyuè] 旧暦の12月
  下田干活 [xiàtiángànhuó] 野良仕事に出て働く
  四溢 [sìyì] あちこちに漂う
  颇为 [pōwéi] 大変
  少不了 [shǎobùliǎo] なくてはならない
  欲罢不能 [yùbabùnéng] やめようと思ってもやめられない
  幻化 [huànhuà] 異様に変化させる
  沿袭 [yánxí] 踏襲する
  左邻右舍 [zuǒlínyòushè] となり近所
  团团圆圆 [tuántuányuányuán]
    (離れ離れになった家族が集まり)一家団欒

  
 ---------------------------------------------------------------------------------
  次回は、第12回目 
   「北京の春節と餃子」 
                   についてです。 

  ---------------------------------------------------------------------------------   



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/274-73c531a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。