番外編|舌尖上的中国レシピ ― 中国風お米麺のレシピ  - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編|舌尖上的中国レシピ ― 中国風お米麺のレシピ 

 今回は、雲南風汁ビーフン「米線(mixian)」及び番組でも紹介されていたニラと牛肉の焼きビーフン「干炒牛河(ganchaoniuhe)」のレシピを紹介します。どちらもビーフンのゆで時間をあわせても30分もかからないものすごく簡単な料理ですので、是非ご家庭でも試してみてください。

米粉、湯粉をみて、まったく別な食べ物ですが、ついつい中国在住時代に週に1度はよく食べていた「雲南米線(mixian)」を思い出してしまいました。現地にいた日本人は口をそろえて「うまい」といっていたのに、残念ながら日本ではまだ流行っていません…。

干炒牛河(ganchaoniuhe)/ニラと牛肉の焼きビーフン
   舌尖上的中国  

 ◇材料(4人用)

  ビーフン 160g
  牛肉 100g
  ニラ 1/2束
  もやし 100g(1/2袋)
  しょうが ひとかけ
  にんにく ひとかけ
  牛肉下味用調味料
   料理酒  大さじ1
   塩    ひとつまみ
   片栗粉  大さじ1/2
  あわせ調味料
    醤油  大さじ2
    たまり醤油 大さじ1
    砂糖 小さじ1/2~1
    塩  小さじ1/4
    水 大さじ2
  サラダ油 適量

 ◇作り方
 1.牛肉は細切り、ニラは5cm程度の長さにきる。しょうが、にんにくは
  それぞれみじん切りにする。
 2.細切りにした牛肉は、下味用の調味料を加えよくなじませておく。
  あわせ調味料を予め混ぜ合わせておく。
 3.ビーフンを下茹でしておく。
 4.フライパンにサラダ油をいれ、しょうが、にんにくを入れ香りがでる
  まで炒めた後牛肉を表面が色づく程度に炒め取り出す。
  (炒めすぎないのがこつ)
 5.4のフライパンににら、もやしを入れさっと炒めた後、ビーフンを入
  れよく混ぜ合わせる、その後4でいためた牛肉を加え、あわせ調味 
  料を鍋肌から流しいれ全体によくからませたら出来あがり。


米線(mixian)/雲南風汁ビーフン
   舌尖上的中国 

 ◇材料
  フォー 平麺もしくは3-4mmの太麺
  鶏ムネ肉
  厚揚げ豆腐
  シャンツァイ
  にら
  もやし
  ねぎ
  きくらげorぜんまい
  うずらの卵
  鶏ガラスープのもと
  塩
  水
  花椒油もしくは食べるラー油 お好みで

 ◇作り方
 1.鶏ムネ肉は軽めに茹でて5mm程度の薄さにスライスする。ねぎ
  及び湯通しした厚揚げ豆腐、水戻ししたきくらげはそれぞれ千切
  りにする。にら、シャンツァイも食べやすいサイズに切る。(ぜんま 
  いを使う場合は一口大の長さに切る、ネギを使う場合は千切りに
  する。)
 2.フォーをゆでざるにあげたあと軽く水洗いしておく。
 3.鍋に湯を沸かし、鶏ガラスープの素と塩で味を調える。仕上げに
  適量の花椒油を加える。
 4.ガスコンロに土鍋をセットし3のスープを加え沸騰させる。
  茹でたフォー、1で切り分けた材料及びうずらの卵の順で鍋に加え、
  ひと煮立ちさせたら、お椀などにとりわけて食べましょう。お好みで 
  食べるラー油などで辛みを一層加えるとよりおいしさが増します。

 ◇MEMO
  ・だしは基本的に鶏ガラスープのもと及び塩で味付けですので、お好み
   の塩加減に調節してください。
  ・シャンツァイが苦手もしくは入手できない場合は、三つ葉など香りがあ
   る香味野菜を利用すると味わいが豊かになります。
  ・花椒油を加えるとニョクマム風味のベトナムフォーとは違った味わい
   が楽しめます。
  ・本場で食べる米線鍋はあとで麺を加えるためぐつぐつと沸騰したあつ
   あつの状態のスープで楽しみます。

 ◇本日の調味料
 
  (左)豊かな香りとぴりりとしびれるような辛みを味わえる山椒油
    (右)フォー/米麺

   
             
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/256-d262dd70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。