舌尖上的中国-1.自然からの貴重な贈り物 ⑤淡水魚 レシピ編 - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌尖上的中国-1.自然からの貴重な贈り物 ⑤淡水魚 レシピ編

本日は、舌尖上的中国で紹介されていた淡水魚レシピより魚泡餅をご紹介。
本来であれば、淡水魚の頭を使う料理なのですが…日本ではなかなか入手が
難しいので白身魚のレシピにしてみました。


魚泡餅 / 中華風煮魚の春餅添え 
  舌尖上的中国 

 材料(4人分)
  銀ダラ   4切れ
  塩     少々
  醤油    大さじ3
  みりん  大さじ1
  酢     大さじ1
  酒    大さじ2 (魚の下味用と調味用各大さじ1ずつ)
  水    180㏄
  ネギ   1/2(大さじ2杯分くらい)魚の下味用と調味用、飾り用の3つに分ける
  しょうが ふたかけ(大さじ2杯分くらい)魚の下味用と調味用の2つに分ける
  にんにく ひとかけ(大さじ1杯分くらい)
  八角   お好みで1かけ(包丁で細かく砕く)
  花椒   適量
  春餅の材料
   薄力粉 100g
   水 約140ml

 作り方
  1.春餅の下準備をする。ボウルに薄力粉を入れ、水を少しずつ加えながら

   泡立て器でダマができないようによく混ぜる。ラップをして約30分間冷蔵
   庫に置く。
  2.魚にネギ、しょうが、酒(以上各大さじ1程度ずつ)、塩(ひとつまみ程度)
   をふるい下味をつけておく。
  3.フライパンに油を入れて、90度(6割くらいの温度)くらいになったら、魚
   を入れて、皮の部分がうすくこんがり色づくまで炒め、取り出す。
  4.魚を取出したフライパンにネギ、にんにく、しょうが(以上各大さじ1ずつ)、
   八角、花椒を入れ十分香りを出す。十分に香りが出たら、みりん大1、
   酒大1、酢大1、醤油大3、水180cc、2の魚を加え煮込んでいく。
  5.煮込んでいる間に春餅を焼きはじめる。フライパンにサラダ油をひき、
   1で準備した生地をクレープを焼くような要領で薄くのばし両面を焼く。
   焼きすぎると硬くなるので、ふんわりと焼きあげるのがこつ。
  6.煮汁が1/3くらいまでになるまで煮詰めたら出来上がり。5の春餅を一口
   サイズに切って魚の周りに盛り付ける。しらがねぎを仕上げに添える。

 ◇ MEMO ◇
   淡水魚の頭を使った料理であるが、日本ではなかなか淡水魚も頭も簡単
   に入手できないので、今回はギンダラなどの白身の魚で代用してみた。
 

 ◇ 調味料について ◇ 
   今日は日本人では苦手な方も多い八角についてご紹介。
   これぞ、中国の調味料と思える香辛料の一つで、その名も8つの角をもつ
   星型が印象的。非常に香りが強いの特徴。

 
     八角(ハッカク)
        八角(ハッカク)

 ◇ 中国レシピを見る時のアドバイス ◇
   先日は、大さじ、小さじの中国語表記についてふれましたが、本日は重量表記。
   レシピで多くみられるのは、主にグラムの意味である「克 (ke)」。
   しかし、調味料の分量はカップ、大さじ、小さじ等で慣れている日本人にとっては
   あまりピンとこない方も多いのでは。
   こんな早見表があると便利ですよね。
  

            大さじ1  小さじ1
   水        15g         5g
   油      14g         5g
      上白糖    9g         3g
   塩      16g         5g
   酒      15g         5g
   しょうゆ  17g         6g
   味噌     18g         6g
       酢     15g       5g
   薄力粉   8g       3g

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/226-6be6b32c

まとめtyaiました【舌尖上的中国-1.自然からの貴重な贈り物 ⑤淡水魚 レシピ編】

本日は、舌尖上的中国で紹介されていた淡水魚レシピより魚泡餅をご紹介。 本来であれば、淡水魚の頭を使う料理なのですが…日本ではなかなか入手が 難しいので白身魚のレシピにして

2012-06-11 13:57 | from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。