日本ではワカメも鯉も自然の脅威に???-日本での生物多様性問題 - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ではワカメも鯉も自然の脅威に???-日本での生物多様性問題

昨日生物多様性の日というテーマで、中国で鮫(フカヒレ)の不買運動の
呼びかけに関する記事を紹介しましたが、日本でも日経ビジネスで関連
する記事が紹介されていました。

記事の中で気になったのが、やはり、「ワカメと鯉」が侵略外来種と書かれた記述。
IUCNという世界的自然保護機関からだされた「外来侵入種」のワースト100
ランキングになんとワカメも鯉も含まれているというのだ。
特に、ワカメ等はみそ汁、酢のもの等、日本の食文化には欠かせない食品。
昨日の中国のフカヒレ同様、自然と人間の食との共存、非常に難しい問題です。

そのほか、こんな生物もリストに入っています。日本ではおなじみのやっかいな
昆虫や動物たちです。
 ※詳しくはこちら 

 魚    ニジマス など
 哺乳類  ヤギ、ハツカネズミ、マングース など
 昆虫   イエシロアリ、マイマイガ など

-あとがき-
ワカメ、フランスの知人を以前話をしていた時に、家畜のエサになるので海藻類
は食べないというのを思い出してこの日経ビジネスの記事をよんでいました。
確かに調べてみると、ワカメを食するのは、世界広し、韓国、中国、日本だけだ
そうです。日本ではミネラルを豊富に含んだヘルシー食材、髪にいいとして注目
されてきた食材なのに。 
 
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/183-daa6b2d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。