今熱いドキュメンタリー「舌先上の中国」で新浪微博の口コミの傾向を探る - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今熱いドキュメンタリー「舌先上の中国」で新浪微博の口コミの傾向を探る

昨日の当ブログ配信ニュースで、大ヒット食のドキュメンタリー「舌先上の中国」放送後にECモール「淘宝網」に番組で紹介された各地の特産物への問い合わせが集中、売上が伸びているというニュースを伝えた。本日「淘宝網」兄弟サイトである「天猫網Tmall.com」からこんなつぶやきも登場。なんともささやかなものである。企業がこれを商機にとらえ、新浪微博を使ったプロモーションとまではいってはいなさそうである。
------------------------------------------------------------------------------------
      @天猫:大热纪录片#舌尖上的中国#里那些馋人的风土美食,你找到了么?
      天猫找到了西藏松茸、绍兴黄酒、金华火腿哦~>>>> http://t.cn/zO1bhnG

     (日本語訳)
      大ヒット作品「#舌尖上的中国#」にでてきた食べたくてたまらなくなるような各
      地のグルメ、もうお探しになりましたか?天猫は、チベットのマツタケ、紹興の
      醸造酒、金華ハムをみつけましたよ~>>>Tmallへリンク 
   ※以上サイトより抜粋
      ------------------------------------------------------------------------------------ 

さて、ここからは・・・

 「新浪微博」及び比較対象として中国では同様に人があつまるソーシャルサイト
「QQ空間」にて、「舌尖上的中国」という検索ワード数でトレンドで比較調査し
新浪微博の勢いを探る。


一体なぜか?圧倒的な反応をみせる「新浪微博」
 両サイトの検索ワード数を計算する定義が不明であるため正確な比較となるのかは
さておき、参考までにみてほしいのだが、この1週間、「新浪微博」では、瞬間風速的
に話題があがった「金環日食」や世界的に話題に上った「facebook上場話」ではなく、
「舌尖上的中国」に注目があつまる。
 QQ空間でも同社が提供するランキングをみる
限りこのワードはもちろんホットワードとしてあがっているが、金環日食ほどの勢いは
なかった。
 
▼QQ空間
(1週間のホットワードランキング外、但し左下ホットワードコーナーで21万人をこえるファン数獲得)
  本日検索ワードにかけたヒット件数:110万件
 
          舌先上の中国       舌先上の中国
 ▼新浪微博facebook上場当の話題を抑えて堂々の1位
   
本日検索ワードにかけたヒット件数:220万件 
    舌先上の中国  舌先上の中国 

舌尖上的中国 」の口コミで「新浪微博」が利用されたのはなぜ
パワーユーザーを使ってメディアが口コミを仕掛けているのかどうかは不明で
あるが、やはりこの点がQQ空間と比較してより口コミ効果をさそったのではないか。
つまり「視覚訴求」がしやすい点。

動画をキャプチャつきのコメントを投稿でき、視聴者らのページで直接見られる

▼QQ空間(ただのリンクのみ)
  ▼新浪微博(画像キャプチャつきリンク)  
舌先上の中国   舌先上の中国


「新浪微博」の口コミ、プロモーションのしかけどころはここか?

 先日当微博ニュース上で紹介した金環日食に手をかざしあたかも指輪のように
見せている話題の写真もそうだが、魅力的な映像・画像をからめた口コミやプロモ
ーションをするならば、どうやら「新浪微博」を利用してPRすると多くの口コミを
獲得できそうだ。


 新浪微博上でつぶやかれている内容でリツイート数を獲得したのはこれ
 ▼リツイート率が最も高かったのは?
  土豆網(tudou.com)や優酷網(youku.com)等動画サイトへのリンクである。
  各サイトから「新浪微博」に簡単な紹介文をつけた動画リンクを直接投稿できる
ため、
リツイート数が一番高かった。1コメントに15,000件以上にのぼるリツイー 
トが発生している。動画共有でこんなに高い反応をみせるのは中国の特徴の
一つだと思われる。
   

 ▼こんなコメントもリツイートも
  今回の番組に派生して、番組内で紹介された料理のレシピサイト。
    これは無料サイトで
あるが、非常にきれいにとれた料理写真がならぶため
    リツイート数が高いように思われる。
舌先上の中国 

(あとがき)
これとは、別な話だが、最近日本ではfacebookにおされtwitterのトレンドがダウンしているように思われる。ガイアックスソーシャルラボから
日本でも中国でも使えそうな こんな面白い記事があったので簡単に紹介。

その手があったか!発想が参考になる「twitter」プロモーション事例10選[海外編]と、企画で押さえるべき3つのポイントと題して紹介された海外のtwitter事例の一つ。

アルゼンチンの車ブランド「Smart」がTwitterのタイムライン上で行ったキャンペーン

                
絵のように構成したツイートにそれぞれ少しずつ変化を持たせて、大量にタイムライン上にポストするというもの。
こんな動きがあるtweetも楽しいですね。中国でも日本でも話題つくれそうな感じがします。
この記事の詳細はこちら  
  







 
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/179-7b623926

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。