北京へ行こう! ― 故宮 - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京へ行こう! ― 故宮

 万里の長城と並ぶ中国では欠かせないのが故宮博物館。いわずと知れたラストエンペラーの舞台の地。外からみてもその規模の大きさに圧倒されますが中に入ったらいくら歩いてもゴールが見えないというほど広大な敷地に驚かされます。小さな街一つ分くらいはゆうにある敷地全部が博物館、ゆっくりみるならば1日がかりでも見きれません。内部の建物及び文化物(建物に施された装飾、建物内部の家具等)の多さ、その素晴らしさに大変感動を覚えてしまいました。

故宮(紫禁城)
明清朝の旧王宮である歴史的建造物。「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」の一つとしてユネスコの世界遺産(文化遺産)となっている。面積は 725,000m² あり、世界最大の宮殿の遺構。
明の成祖永楽帝が1406年から改築し、1421年に南京から北京へ遷都後から清朝滅亡まで実際宮殿として使われていた。
玉座はもちろん執務から私室にいたるまでかなりの部分が一般公開されており当時の宮廷の様子をうかがえる。
website_16.png 公式HP

tag.png 景山公園:明・清代の皇帝の庭園となった人口山。紫禁城に殺気が入ることを防ぐために、紫禁城の真北位置する。汗をかきながらちょっとした山登りをした後に見下ろす紫禁城の壮大さ感動です。
jingshanpark2.jpg gugong28.jpg  
tag.png 紫禁城内部の文化物:乾清宮の玉座、皇帝の食卓、天井装飾
gugong10.jpg gugong9.jpg sousyoku.jpg 
tag.png 故宮動物園:屋根瓦の装飾から、壁画、銅像など紫禁城の中にはいたるところに魔除けのための動物がいる。こんな動物を探してみてまわるのも一興です。
 dongwu1.jpg doungwu2.jpg  dongwu3.jpg 

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/134-89e57821

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。