北京へ行こう!- 天壇 - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京へ行こう!- 天壇

天壇、敷地面積約273万平米と歩くのもつかれそうなほど広大な公園。頤和園と同様史跡と公園が一体になっているが、木々や花々でみたされたこの公園は、程よく休めるところもあり疲れを感じずに散歩できる点が特におすすめ。北京中心街のコンクリートジャングルに疲れた方はぜひのんびりしに遊びに行ってもよいのではと思う。

天壇
明清代の皇帝が天に対して祭祀を行った宗教的な場所である。1998年よりユネスコの世界遺産に登録 。
下記で紹介した祈年殿に加え、圜丘壇、皇穹宇というスポットもあるがやはり見どころは祈年殿。
 file.png  公式HP を見る(中文のみ)

tag.png 天壇のシンボル:祈年殿
祭壇で現存する中国最大の祭壇。もともとは天地壇と呼ばれていたが、その後天・地に分離。
祈年殿は直径32m、高さ38m、梁とけたなしで28本の柱で3層構造の巨大な屋根を支えているこの建築様式は中国でも独特で重要建築物として扱われている。採光窓がないため内部は薄暗いですが、描かれた文様に圧倒されます。
(外観)                        (内観)
tiantan2.jpg tiantan3.jpg 
tiantan6.jpg tiantan9.jpg 
tag.png 園内の散歩コース
tiantan13.jpg
tag.png きれいな花の数々
tiantan14.jpg tiantan17.jpg 
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/133-84fb3dd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。