北京へ行こう! ― 十三陵 - 新浪微博ニュースで学ぶ生きた中国語講座! CHAiPoD ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京へ行こう! ― 十三陵

先にご紹介した万里の長城とのバスツアーではセットになっているため、一緒に見に行った方も多いのでは。実際定陵の中の地下石室に入ってみてきましたが、あまりにもきれいに整備されているため遺跡という実感がありませんでした。 

tag.png  十三陵(定陵)
天寿山の南麓に位置し、中国に現存する最大の明代の皇帝、后妃陵墓群。世界遺産に指定。15世紀初頭の明朝の3代皇帝「永楽帝」から7代皇帝を除く、16代皇帝まで13人の陵墓が散在しています。現在一般公開されているのは、「永楽帝」の陵墓の「長陵」と隆慶帝の陵墓「昭陵」と、この14代皇帝の「万歴帝」の陵墓「定陵」だけです。今回写真で紹介しているのは「定陵」です。

shisanling5_R.jpg CIMG0438.jpg ←第14代皇帝万歴皇
shisanling1_R.jpg shisanling3_R.jpg shisanling4_R.jpg 

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chaipod.blog.fc2.com/tb.php/125-6f8a73a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。